運営者情報

運営してるひと: @sters9

       

妻と猫と横浜あたりに住んでいる。最近は Go や Kubernetes や GCP をしています。 PHP や JavaScript もすこし。

プライバシーポリシー

tools.gomiba.co

アーカイブ

2021/02 (12) 2021/01 (8)

2020/05 (2) 2020/04 (2) 2020/02 (2) 2020/01 (1)

2019/12 (3) 2019/11 (2) 2019/10 (5) 2019/09 (3) 2019/07 (6) 2019/06 (4) 2019/04 (3) 2019/01 (2)

2018/12 (6) 2018/10 (4) 2018/09 (6) 2018/08 (7) 2018/07 (16) 2018/06 (7) 2018/05 (7) 2018/04 (5) 2018/03 (3) 2018/02 (10) 2018/01 (6)

2017/12 (8) 2017/11 (6) 2017/10 (10) 2017/09 (12) 2017/08 (12) 2017/07 (3) 2017/06 (1) 2017/01 (4)

2016/12 (5) 2016/10 (3) 2016/09 (1) 2016/07 (2) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/02 (1) 2016/01 (2)

2015/12 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (3) 2015/06 (1) 2015/01 (1)

2014/08 (2) 2014/07 (3) 2014/05 (1) 2014/01 (7)

2013/12 (2) 2013/11 (4) 2013/10 (1) 2013/09 (1) 2013/08 (3) 2013/07 (4) 2013/06 (5) 2013/05 (2) 2013/04 (7) 2013/03 (1)

工業的 Minecraft プレイ日記 #10 / Ender IO の電動スポナー

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古くなっている可能性があります。

目次的なもの: 工業的 Minecraft プレイ日記 #0 / またもや工業生活を始める | ごみばこいん Blog


EnderIOの環境では、通常のスポナーを壊すと、壊れたスポナーとしてドロップします。 そこへ、モブの魂を入れるビンを作って、Soul Binderを使って好きなモブのスポナーにすることができます。

で、食糧難になっていたので、鶏肉を量産することにしました。

こんな感じで電力を与えると自動でスポーンするようになりました。

で、柵で囲って鳥まみれにしようと思ったのですが、どうやらスポーンできる上限があるようで、一定数以上は無理でした。

ので、貯めるのをあきらめて、水流で流し、ExtraUtilitiesのスパイクで倒すことにします。 鳥肉の備蓄が十分になれば、遠距離攻撃のない歩行系のモブ、ウィザースケルトンなどに入れ替える予定です。

つづく。