運営者情報

運営してるひと: @sters9

       

妻と猫と横浜あたりに住んでいる。最近は Go や Kubernetes や GCP をしています。 PHP や JavaScript もすこし。

プライバシーポリシー

tools.gomiba.co

アーカイブ

2021/02 (12) 2021/01 (8)

2020/05 (2) 2020/04 (2) 2020/02 (2) 2020/01 (1)

2019/12 (3) 2019/11 (2) 2019/10 (5) 2019/09 (3) 2019/07 (6) 2019/06 (4) 2019/04 (3) 2019/01 (2)

2018/12 (6) 2018/10 (4) 2018/09 (6) 2018/08 (7) 2018/07 (16) 2018/06 (7) 2018/05 (7) 2018/04 (5) 2018/03 (3) 2018/02 (10) 2018/01 (6)

2017/12 (8) 2017/11 (6) 2017/10 (10) 2017/09 (12) 2017/08 (12) 2017/07 (3) 2017/06 (1) 2017/01 (4)

2016/12 (5) 2016/10 (3) 2016/09 (1) 2016/07 (2) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/02 (1) 2016/01 (2)

2015/12 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (3) 2015/06 (1) 2015/01 (1)

2014/08 (2) 2014/07 (3) 2014/05 (1) 2014/01 (7)

2013/12 (2) 2013/11 (4) 2013/10 (1) 2013/09 (1) 2013/08 (3) 2013/07 (4) 2013/06 (5) 2013/05 (2) 2013/04 (7) 2013/03 (1)

Github Actions で何かをして、成功しても失敗してもその結果を拾って何かをする

GithubActionsのステップは、実は完全に独立していなくて、ファイル操作をしたりすると、次のステップでも利用できる。

- name: Do something
  run: |
    do-something-command >> result.txt 2>&1

- name: Check result
  if: ${{ always() }}
  run: |
    cat result.txt

これをする利点としては、何かするコマンドがたとえ失敗したとしても、その出力結果を以降のステップで使うことができる。 ただし、注意点として ::set-output を使う時は改行などをエスケープしないといけない。

たとえば、先のコマンドの結果をIssueにコメントするとしたらこういう感じ。

https://github.com/marketplace/actions/comment-action というものを使った

- name: Check result
  id: something_result
  if: ${{ always() }}
  run: |
    result=$(cat result.txt)
    echo $result
    result='```'$'\n'"$result"$'\n''```'
    result="${result//'%'/'%25'}"
    result="${result//$'\n'/'%0A'}"
    result="${result//$'\r'/'%0D'}"
    echo "::set-output name=std_out::$result"

- name: Create comment
  uses: jungwinter/comment@v1
  if: ${{ always() }}
  with:
    type: create
    body: ${{ steps.something_result.outputs.std_out }}
    issue_number: 100
    token: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}