運営者情報

運営してるひと: @sters9

       

妻と猫と横浜あたりに住んでいる。最近は Go や Kubernetes や GCP をしています。 PHP や JavaScript もすこし。

プライバシーポリシー

tools.gomiba.co

アーカイブ

2021/01 (7)

2020/05 (2) 2020/04 (2) 2020/02 (2) 2020/01 (1)

2019/12 (3) 2019/11 (2) 2019/10 (5) 2019/09 (3) 2019/07 (6) 2019/06 (4) 2019/04 (3) 2019/01 (2)

2018/12 (6) 2018/10 (4) 2018/09 (6) 2018/08 (7) 2018/07 (16) 2018/06 (7) 2018/05 (7) 2018/04 (5) 2018/03 (3) 2018/02 (10) 2018/01 (6)

2017/12 (8) 2017/11 (6) 2017/10 (10) 2017/09 (12) 2017/08 (16) 2017/07 (3) 2017/06 (1) 2017/01 (4)

2016/12 (5) 2016/10 (3) 2016/09 (1) 2016/07 (2) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/02 (1) 2016/01 (2)

2015/12 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (3) 2015/06 (1) 2015/01 (1)

2014/08 (2) 2014/07 (3) 2014/05 (1) 2014/01 (7)

2013/12 (2) 2013/11 (4) 2013/10 (1) 2013/09 (1) 2013/08 (3) 2013/07 (4) 2013/06 (5) 2013/05 (2) 2013/04 (7) 2013/03 (1)

Hugoで予約投稿を行う

Hugoそのものには予約投稿する機能はない。と、いうか、静的なHTMLを作るだけなので、そのコンテンツがいつ公開されるのか、を動的にコントロールすることはできない。ビルトインサーバを使ったとしても、コンテンツは先にビルドされているので無理なんじゃないかなあ。

そこで、考えたひとつのアプローチとして、予約というフロントマターがついていて、日付が過去のものになったものを、下書きから外す、というツールを作り、それをGithub Actionsで定期的に実行することにした。

https://github.com/sters/hugo-publish-reserved-content

フロントマターのパースが雑な実装なので、あらゆるHugoを使っている人には対応していないかもしれない。 Hugoのパーサの実装 を使ったほうがいいと思いつつ…まあいいか…。

READMEにも書いてあるが、reserveddraft が有効なコンテンツを探し、date が過去のものになっていた場合に、reserveddraft のキーを削除する、というもの。(このキー設定は一応変更が可能になっている)

これだけではコンテンツが更新されるだけなので、これをGithub Actionsで動かし、git commitgit pushもする。

動かすときにちょっとコツが必要で、ユーザのプライベートアクセストークンを使ってactions/checkout@v2を呼び出す必要がある。これをしないと、どうやらgit pushをしたときに諸々のイベントが発生しないらしい。

で、あとはそのプッシュされた内容がデプロイされるようになっていれば、全自動で予約した内容が反映されるようになる。