運営者情報

運営してるひと: @sters9

       

妻と猫と横浜あたりに住んでいる。最近は Go や Kubernetes や GCP をしています。 PHP や JavaScript もすこし。

プライバシーポリシー

tools.gomiba.co

アーカイブ

2021/02 (12) 2021/01 (8)

2020/05 (2) 2020/04 (2) 2020/02 (2) 2020/01 (1)

2019/12 (3) 2019/11 (2) 2019/10 (5) 2019/09 (3) 2019/07 (6) 2019/06 (4) 2019/04 (3) 2019/01 (2)

2018/12 (6) 2018/10 (4) 2018/09 (6) 2018/08 (7) 2018/07 (16) 2018/06 (7) 2018/05 (7) 2018/04 (5) 2018/03 (3) 2018/02 (10) 2018/01 (6)

2017/12 (8) 2017/11 (6) 2017/10 (10) 2017/09 (12) 2017/08 (12) 2017/07 (3) 2017/06 (1) 2017/01 (4)

2016/12 (5) 2016/10 (3) 2016/09 (1) 2016/07 (2) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/02 (1) 2016/01 (2)

2015/12 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (3) 2015/06 (1) 2015/01 (1)

2014/08 (2) 2014/07 (3) 2014/05 (1) 2014/01 (7)

2013/12 (2) 2013/11 (4) 2013/10 (1) 2013/09 (1) 2013/08 (3) 2013/07 (4) 2013/06 (5) 2013/05 (2) 2013/04 (7) 2013/03 (1)

(翻訳)Chrome の広告ブロックが何をしているか

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古くなっている可能性があります。

元記事はこちら。 Chromium Blog: Under the hood: How Chrome’s ad filtering works

自分の理解のため読んだ記録に。 ※翻訳者は中の人でもなければ、ガバガバ翻訳なの※


web 上の多くの広告はユーザエクスペリエンスを尊重している。が、ここのところ邪魔なんだけど!と聞いていて、昨年 6 月に発表した( Chromium Blog: Improving advertising on the web )けど Chrome で Better Ads Standards ( The Initial Better Ads Standards - Coalition for Better Ads )に従ってない広告を消すようにしたよ。

Chrome が守っている詳細は前に説明した( Building a better web for everyone )けど、このアプローチがリリースされる 2 月 15 日が近くなってきているので、今日はどうやって動いているかを説明するよ。

Better Ads Standards って何?

オンライン広告のユーザーエクスペリエンスを向上させるための、業界団体が定めるもの。4 万人以上の北米・ヨーロッパのユーザにアンケートを取って、様々な広告について評価をしたよ。 一番迷惑だと評価されたのは全画面広告( Ad Experience: Prestitial Ads [Mobile] - Coalition for Better Ads )とフラッシュアニメーション広告( Ad Experience: Flashing Animated Ads [Mobile] - Coalition for Better Ads )だったよ。

詳しくはこっち( The Research - Coalition for Better Ads )をみてね。

そんな Better Ads Standards に違反する広告のいくつかは、そもそも広告自体に問題があるけれど、ほとんどはサイトの所有者が制御しているよ。思うに、広告が密集していたり、カウントダウンするような広告だったり。

この Better Ads Standards の結果を受けて、多くの迷惑な広告からユーザを守るアプローチを Chrome でやるよ。Better Ads Standards に準拠しているか評価して、発生した問題をサイトに報告、問題に対処する機会を提供し、それでも継続していたら広告の削除を行なうよ。

違反サイトの評価

サイト上のページのサンプルを調査して評価するよ。見つかった Better Ads Standards の問題に応じて、サイトが合格、警告、失敗のステータスに評価するよ。

サイトの評価ステータスは Ad Experience Report API ( Introduction | Ad Experience Report API | Google Developers )を通してアクセスできるよ。

サイト所有者は詳細な結果を見るために、 Google Search Console の Ad Experience Report ( Web Tools - Web Tools )の中で確認できるよ。ここで、再審査をしたりもできるね。

ネットワークレベルでのサイトのフィルタリング

Chrome ユーザがページに移動すると、 Chrome の広告フィルタが、ページが Better Ads Standards に違反してないかを確認するよ。このとき、ネットワークリクエスト(JavaScript や 画像たち)は広告関連 URL と一致しているかチェックするんだ。マッチした場合、 Chrome はそのリクエストをブロックして、広告を表示されないようにするよ。

この広告関連 URL は EasyList フィルタルール( EasyList - Overview )に基づいていて、 Google プラットフォームの AdSense や DoubleClick も含まれるんだ。

Chrome でこれがどのように見えるのか?

ここまで紹介したアプローチで Chrome は広告を自動的にブロックするんだ。少なくとも 1 つの広告がブロックされると、 Chrome はユーザにブロックした旨を伝えるよ。広告を許可するオプションもあるよ。

デスクトップユーザなら Chrome のアドレスバーにでるポップアップブロッカーと似たような通知を出すよ。Android ユーザの場合は画面下の小さなインフォバーで表示されるね。

初期の結果ではユーザのために良い進歩

この操作の結果で Chrome ユーザは Better Ads Standards に準拠していない広告は見えないことになるが、私達のゴールは全ての広告を見せないことではなく web ユーザのエクスペリエンスを向上させることだよ。( The browser for a web worth protecting

2 月 12 日時点では Better Ads Standards に違反していたサイトのうち 42% は既に合格しているよ。これは私達の望んていることで、迷惑な広告体験を修正し、全ての web ユーザに恩恵をもたらすんだ。

違反に関する通知を受けてから 30 日たってもサイトが修正されなければ Chrome は広告をブロックするよ。

私達は迷惑な広告体験から以降する早期な結果を持って、業界と継続的にやり取りし、 Chrome の広告フィルタ機能が不要になる未来を目指しているんだ!

エンジニアリングマネージャーの Chris Bentzel さんが書きました。