ActiveRecordで同じモデルを使って別DBにデータを保存する

ActiveRecordで同じモデルを使って別DBにデータを保存する、要するにレプリケーションなことをアプリケーション上でやりたい。単なるレプリケーションならDBだけで完結するものの、その間に何か変換するロジックをあるために、データモデルはまったく同じものを使いたい、というようなイメージ。

ETLツールいれればいいんじゃ?というのはそれはそうだけど、Railsで実装したアプリケーション上で、手っ取り早く別DBにも入れたいんだよな〜と思ったのでやってみた。

結論

production:
  primary:
    database: xxxxx
  another:
    database: yyyyy
another_model_class = Class.new(base_model_class) do
  def self.name
    "Another#{superclass.name.gsub(/::/, '')}"
  end
end

another_model_class.establish_connection(:another)

another_model_class.insert(base_model_class.first.attributes)

解説

Active Recordには、複数のDBを切り替えて接続できる機能がある。これはあるモデルはDB1を使いたくて、別のモデルはDB2を使う、みたいなケースだとか、シャーディングするようなときにとても有効に使える。

Active Record の複数データベース対応 - Railsガイド

同じモデルを使って、DB1から読み込んでDB2に書き込む、というような挙動はこれだけでは難しい。私のアイデアでは、これを無名クラスを使って解決する。

Class.new (Ruby 3.3 リファレンスマニュアル)

このため厳密には同じモデルクラスではなく SomethingAnotherSomething という2つのモデルクラスを使って処理する。AnotherSomething の親となるクラスが Something であるため、AnotherSomethingに対する操作は、Somethingと同じように振る舞う。ただし、接続先を上記の複数データベース対応を利用しAnotherSomethingは:anotherを参照するようにして、操作する先のDBはSomethingとは別のデータベースを使うことができる。

テストをどうするか

超お手軽にやるには、テスト用のDBをもう一つ用意すること。

他の方法としては、テスト実行時に自動的にDBを使うこともできる。具体的には次のようにする:

# Create another_db
ActiveRecord::Base.connection.execute("CREATE DATABASE #{another_db_name}")

# Apply DB configuration for another_db
conf = ActiveRecord::Base.configurations.configurations.find { |c| c.env_name == 'test' }

hash = {}
conf.configuration_hash.each do |k, v|
  hash[k] = v
end
hash[:database] = db_name

ActiveRecord::Base.configurations.configurations << ActiveRecord::DatabaseConfigurations::UrlConfig.new(
  conf.env_name,
  'another',
  conf.url,
  hash
)

# Apply db/schema.rb for another_db
# load_schema method temporary references UrlConfig that is not reflected to ActiveRecord::Base.configurations.
ActiveRecord::Tasks::DatabaseTasks.load_schema(
  ActiveRecord::DatabaseConfigurations::UrlConfig.new(
    conf.env_name,
    'primary',
    conf.url,
    hash
  )
)
ActiveRecord::Base.establish_connection(:primary) # Recover primary db connection.

ちょっとハックな感じがあり、ActiveRecordの実装がいろいろ変わると動かなくなる可能性はある、、

とはいえこれで、another_dbが用意できるので、無名クラスを使ったモデルの複製+別DB接続のテストを記述していくこともできる。

subject { create(:something) }

it do
  result = subject
  expect(result).to eq(Something.first)
  expect(result).not_to eq(AnotherSomething.first)
end

みたいな。

サイト案内

運営してるひと: @sters9

妻と娘と猫と神奈川県に住んでいます。最近は Go, Ruby, Rails, Kubernetes, GCP, Datadog あたりをしていますがもっといろいろやりたい!

サイト案内

開発環境の紹介

プライバシーポリシー

tools.gomiba.co

サイト内検索

アーカイブ

2024/07 (1) 2024/06 (3) 2024/05 (1) 2024/04 (7) 2024/03 (4) 2024/01 (3)

2023/12 (1) 2023/11 (3) 2023/10 (1) 2023/09 (1) 2023/08 (2) 2023/05 (4) 2023/04 (4) 2023/03 (4) 2023/02 (2) 2023/01 (1)

2022/12 (2) 2022/11 (4) 2022/10 (3) 2022/09 (2) 2022/08 (4) 2022/07 (5) 2022/06 (4) 2022/05 (9) 2022/04 (8) 2022/03 (10) 2022/02 (21) 2022/01 (8)

2021/12 (11) 2021/11 (1) 2021/10 (4) 2021/09 (2) 2021/08 (1) 2021/07 (2) 2021/06 (5) 2021/05 (10) 2021/04 (1) 2021/03 (8) 2021/02 (12) 2021/01 (8)

2020/05 (2) 2020/04 (2) 2020/02 (2) 2020/01 (1)

2019/12 (3) 2019/11 (2) 2019/10 (5) 2019/09 (3) 2019/07 (6) 2019/06 (4) 2019/04 (3) 2019/01 (2)

2018/12 (6) 2018/10 (4) 2018/09 (6) 2018/08 (7) 2018/07 (16) 2018/06 (7) 2018/05 (7) 2018/04 (5) 2018/03 (3) 2018/02 (10) 2018/01 (6)

2017/12 (8) 2017/11 (6) 2017/10 (10) 2017/09 (12) 2017/08 (12) 2017/07 (3) 2017/06 (1) 2017/01 (4)

2016/12 (5) 2016/10 (3) 2016/09 (1) 2016/07 (2) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/02 (1) 2016/01 (2)

2015/12 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (3) 2015/06 (1) 2015/01 (1)

2014/08 (2) 2014/07 (3) 2014/05 (1) 2014/01 (7)

2013/12 (2) 2013/11 (4) 2013/10 (1) 2013/09 (1) 2013/08 (3) 2013/07 (4) 2013/06 (5) 2013/05 (2) 2013/04 (7) 2013/03 (1)