運営者情報

運営してるひと: @sters9

       

妻と猫と横浜あたりに住んでいる。最近は Go や Kubernetes や GCP をしています。 PHP や JavaScript もすこし。

プライバシーポリシー

tools.gomiba.co

サイト内検索

アーカイブ

2022/01 (7)

2021/12 (11) 2021/11 (1) 2021/10 (4) 2021/09 (2) 2021/08 (1) 2021/07 (2) 2021/06 (5) 2021/05 (10) 2021/04 (1) 2021/03 (8) 2021/02 (12) 2021/01 (8)

2020/05 (2) 2020/04 (2) 2020/02 (2) 2020/01 (1)

2019/12 (3) 2019/11 (2) 2019/10 (5) 2019/09 (3) 2019/07 (6) 2019/06 (4) 2019/04 (3) 2019/01 (2)

2018/12 (6) 2018/10 (4) 2018/09 (6) 2018/08 (7) 2018/07 (16) 2018/06 (7) 2018/05 (7) 2018/04 (5) 2018/03 (3) 2018/02 (10) 2018/01 (6)

2017/12 (8) 2017/11 (6) 2017/10 (10) 2017/09 (12) 2017/08 (12) 2017/07 (3) 2017/06 (1) 2017/01 (4)

2016/12 (5) 2016/10 (3) 2016/09 (1) 2016/07 (2) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/02 (1) 2016/01 (2)

2015/12 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (3) 2015/06 (1) 2015/01 (1)

2014/08 (2) 2014/07 (3) 2014/05 (1) 2014/01 (7)

2013/12 (2) 2013/11 (4) 2013/10 (1) 2013/09 (1) 2013/08 (3) 2013/07 (4) 2013/06 (5) 2013/05 (2) 2013/04 (7) 2013/03 (1)

asdfというコマンドのバージョン管理をできる便利なツールを教えてもらった

Home | asdf

Manage multiple runtime versions with a single CLI tool

と、いうもの。

anyenv的なものだけど、プラグインで拡張できてどんなツールでもどんなバージョンでも入れられる、という雰囲気を感じる。

Getting Started | asdf

Homebrewならスッと入るし、aptもdnfもあるのでLinuxな環境でもスッと入りそう。 シェルとツールでの組み合わせによるサポートのバリエーションもあるので、私の使っているFishがない!!というケースがよくあるんだけど、そういうところもカバーされていてすごいなと思った。

asdf-vm/asdf-plugins: Central plugin repository for asdf

有志が作ってくれているプラグインがむちゃくちゃあって、バージョン依存しそうなツールなんかは全部asdfでカバーできるんじゃないかという気もする。

実際に私が遭遇した場面としては

kubectl create job --from=cronjob/foobar foobar-test

をしようとしたときに、Clientが1.22、Serverが1.19だったためにv1betaなんてないよ!といったエラーが出てしまい困ったケース。

Clientのバージョンを1.19にするか、Serverのバージョンを1.22に上げれば解消するんだろうな〜〜と思っているところで、asdfの存在を教えてもらった。

$ asdf plugin-add kubectl
$ asdf install kubectl 1.19.14
$ asdf global kubectl 1.19.14