運営者情報

運営してるひと: @sters9

       

妻と猫と横浜あたりに住んでいる。最近は Go や Kubernetes や GCP をしています。 PHP や JavaScript もすこし。

プライバシーポリシー

tools.gomiba.co

アーカイブ

2021/02 (12) 2021/01 (8)

2020/05 (2) 2020/04 (2) 2020/02 (2) 2020/01 (1)

2019/12 (3) 2019/11 (2) 2019/10 (5) 2019/09 (3) 2019/07 (6) 2019/06 (4) 2019/04 (3) 2019/01 (2)

2018/12 (6) 2018/10 (4) 2018/09 (6) 2018/08 (7) 2018/07 (16) 2018/06 (7) 2018/05 (7) 2018/04 (5) 2018/03 (3) 2018/02 (10) 2018/01 (6)

2017/12 (8) 2017/11 (6) 2017/10 (10) 2017/09 (12) 2017/08 (12) 2017/07 (3) 2017/06 (1) 2017/01 (4)

2016/12 (5) 2016/10 (3) 2016/09 (1) 2016/07 (2) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/02 (1) 2016/01 (2)

2015/12 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (3) 2015/06 (1) 2015/01 (1)

2014/08 (2) 2014/07 (3) 2014/05 (1) 2014/01 (7)

2013/12 (2) 2013/11 (4) 2013/10 (1) 2013/09 (1) 2013/08 (3) 2013/07 (4) 2013/06 (5) 2013/05 (2) 2013/04 (7) 2013/03 (1)

grpc のリクエストをガシガシ送るツール: ghz

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古くなっている可能性があります。

gRPC なエンドポイントのパフォーマンスをみたり、負荷試験をしたいなあという話をしたら ghz というツールがあるよと教えてもらったので、これを使ってみる。

ghz · Simple gRPC benchmarking and load testing tool

公式にはリリースページからインストールしてくれやと書かれている。 が go get でとれるのでこれでいいのでは… latest を使うことになるのでリリースされてるものと微妙に差異があるかも。

go get github.com/bojand/ghz/cmd/ghz/

ab ライクに使えるので、ヘルプを見たらまあ問題なく使えるはず。 Usage · ghz

Kubernetes 上で動くアプリケーションに対して実施するとこんな感じ。 ポートフォワードしてから、

kubectl port-forward svc/foo 5000

※Service に向けてポートフォワードしてますが kubectl コマンド実行時に宛先 Pod を解決してしまうので、ロードバランスしないです。

別ターミナルで、こういう具合 proto の指定がないときは Server Reflection して勝手にやってくれる、超便利。
そっちの話題はここにある。 grpc/server-reflection.md at master · grpc/grpc · GitHub

$ ghz \
    --call foo.bar.Service.RPC \
    -d "$(jo foo='bar')" \
    -m "{\"Authorization\":\"BEARER $TOKEN\"}" \
    -q 4 \
    -c 2 \
    -n 10 \
    --insecure \
    localhost:5000

Summary:
  Count:    10
  Total:    1.37 s
  Slowest:    243.03 ms
  Fastest:    111.49 ms
  Average:    149.98 ms
  Requests/sec:    7.29

Response time histogram:
  111.491 [1]    |∎∎∎∎∎∎∎∎
  124.645 [5]    |∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎
  137.799 [0]    |
  150.953 [2]    |∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎
  164.107 [0]    |
  177.261 [0]    |
  190.415 [0]    |
  203.569 [0]    |
  216.723 [0]    |
  229.877 [0]    |
  243.031 [2]    |∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎∎

Latency distribution:
  10% in 118.75 ms
  25% in 119.66 ms
  50% in 123.21 ms
  75% in 243.01 ms
  90% in 243.03 ms
  0% in 0 ns
  0% in 0 ns

Status code distribution:
  [OK]   10 responses

リクエストパラメータつくるのに jo を使っている。 GitHub - jpmens/jo: JSON output from a shell

上記の例だと 最大 4 req/sec になるように、 2 並列でリクエストし、 10 リクエスト送ったら終わる、というオプションになっている。 なので、レスポンスタイム次第ではあるが、サクッとレスポンスがあれば 1 秒ちょっとで完了する。

レスポンスタイムの分布であったり、パーセンタイルもでたり、サクッと負荷かけて様子を見るのに便利そう。

もちろん、オプションの指定が必要だけど 1 リクエストだけ送ることもできるので、普段使いにもいいんじゃなかろうか。

また Go のパッケージとしても使えるっぽい。 Package · ghz ちょっと用途が思い浮かんでないけど、例えば、複数の RPC があって、順番にテストしたいんだよね〜〜〜みたいなときとか CI 的に負荷をかけたいんだよね〜〜とか、(シェルスクリプトでさくっと ghz ラッパーでもいいのでは感)