運営者情報

運営してるひと: @sters9

       

妻と猫と横浜あたりに住んでいる。最近は Go や Kubernetes や GCP をしています。 PHP や JavaScript もすこし。

プライバシーポリシー

tools.gomiba.co

アーカイブ

2021/04 (1) 2021/03 (8) 2021/02 (12) 2021/01 (8)

2020/05 (2) 2020/04 (2) 2020/02 (2) 2020/01 (1)

2019/12 (3) 2019/11 (2) 2019/10 (5) 2019/09 (3) 2019/07 (6) 2019/06 (4) 2019/04 (3) 2019/01 (2)

2018/12 (6) 2018/10 (4) 2018/09 (6) 2018/08 (7) 2018/07 (16) 2018/06 (7) 2018/05 (7) 2018/04 (5) 2018/03 (3) 2018/02 (10) 2018/01 (6)

2017/12 (8) 2017/11 (6) 2017/10 (10) 2017/09 (12) 2017/08 (12) 2017/07 (3) 2017/06 (1) 2017/01 (4)

2016/12 (5) 2016/10 (3) 2016/09 (1) 2016/07 (2) 2016/06 (1) 2016/04 (1) 2016/02 (1) 2016/01 (2)

2015/12 (1) 2015/10 (1) 2015/09 (3) 2015/06 (1) 2015/01 (1)

2014/08 (2) 2014/07 (3) 2014/05 (1) 2014/01 (7)

2013/12 (2) 2013/11 (4) 2013/10 (1) 2013/09 (1) 2013/08 (3) 2013/07 (4) 2013/06 (5) 2013/05 (2) 2013/04 (7) 2013/03 (1)

docker の出すログファイルでディスクが 100% になった

この記事は公開されてから1年以上経過しており、情報が古くなっている可能性があります。

まとめると?

  • タイトル通り。 docker の出すログファイルでディスクが 100% になった。
  • ログファイルの削除と daemon.json の設定をして完。

起きたこと

環境依存的に難しいので docker を使っているバッチスクリプトがあるのだが、このスクリプトがモリモリと標準出力に出している。や、本来は捨てられる前提のものなので、問題はあるけどない、みたいな状態。 docker は docker 内で動いているメインプロセスの標準出力のログを取っているっぽく、そのログが溜まりに溜まって、ホストマシンのディスクを埋め尽くしてしまった。

それをたまたま、同じホストマシン上の、まったく違う docker コンテナで動いている web アプリケーション上で、セッションがうまく動いていないっぽいという事象が発生したところから、調べてみると、ホストマシンのディスクがいっぱいだった、ということが判明した。

やったこと

何が容量を食っているのか確認した

du コマンドでチマチマ確認したのだが、もうちょっと効率のいい方法がしりたい。一発でバチコーンとわかるような何か。

# du -sh /* | sort -nr
...

# du -sh /var/lib/docker/* | sort -nr
436K    /var/lib/docker/containerd
104K    /var/lib/docker/network
72K     /var/lib/docker/volumes
37G     /var/lib/docker/containers
22M     /var/lib/docker/image
20K     /var/lib/docker/plugins
20K     /var/lib/docker/builder
8.1G    /var/lib/docker/overlay
4.0K    /var/lib/docker/trust
4.0K    /var/lib/docker/tmp
4.0K    /var/lib/docker/swarm
4.0K    /var/lib/docker/runtimes

# du -sh /var/lib/docker/containers/* | sort -nr
372K    /var/lib/docker/containers/df16f7083353204424150c80cb7c87dc9dda19627c7f09632e797a48d3bea2cf
372K    /var/lib/docker/containers/0d9b9a46c096f977921b682b40d7aa9de5dee443ea01a8d0b157f8f366bce764
288K    /var/lib/docker/containers/8d813f2238daa78186881017d1d6b675715f7602549cfb8285cbb08f5832f88d
252K    /var/lib/docker/containers/ce637310ed46de127cfc78813df94b1a269370a07a0f8ab24dc11f2c87bbadc8
228K    /var/lib/docker/containers/fd837df4343e6c54f5c145385bd93e23e8705114243f8a3d856458bf89c454a0
64K     /var/lib/docker/containers/bc4cdc66666f835980147bbc8105741a45db5018777ca883e35fdd3a072a7970
37G     /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80
36K     /var/lib/docker/containers/8d9bb861db601facac528d60ee855fd5b38a05dcdc2949fee72e9c3dcb4dd177

# du -sh /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/* | sort -nr
37G     /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80-json.log
4.0K    /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/resolv.conf.hash
4.0K    /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/resolv.conf
4.0K    /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/hosts
4.0K    /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/hostname
4.0K    /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/hostconfig.json
4.0K    /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/config.v2.json
4.0K    /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/checkpoints
0       /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/shm

# tail /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80-json.log
....
// このログしってる!ぼくが標準出力に出すようにしたやつだ!

ログファイルの削除をした

中身を確認した上で、完全に不要なものだったので削除した。お手軽 echo 。

# echo > /var/lib/docker/containers/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80/4d81d71c1ea8eaea101cab745f2c16a2bcb096a2bba78f9aecd385f560e62e80-json.log

/etc/docker/daemon.json の設定をした

実際には次のような設定を書いている。これで docker 自体が勝手にログファイルの容量制限とローテートをしてくれるっぽい。べんりちゃん。

# cat /etc/docker/daemon.json
{
  "log-driver": "json-file",
  "log-opts": {"max-size": "10m", "max-file": "3"}
}

容量制限とローテートされた様子。上で出したものと別コンテナだけど。

# du -sh /var/lib/docker/containers/61ffb4d88381cd2556a91f6944a2b2d2b57bb7837d8ad9a21ed772748f490b66/* | grep json.log
4.6M    /var/lib/docker/containers/61ffb4d88381cd2556a91f6944a2b2d2b57bb7837d8ad9a21ed772748f490b66/61ffb4d88381cd2556a91f6944a2b2d2b57bb7837d8ad9a21ed772748f490b66-json.log
9.6M    /var/lib/docker/containers/61ffb4d88381cd2556a91f6944a2b2d2b57bb7837d8ad9a21ed772748f490b66/61ffb4d88381cd2556a91f6944a2b2d2b57bb7837d8ad9a21ed772748f490b66-json.log.1
9.6M    /var/lib/docker/containers/61ffb4d88381cd2556a91f6944a2b2d2b57bb7837d8ad9a21ed772748f490b66/61ffb4d88381cd2556a91f6944a2b2d2b57bb7837d8ad9a21ed772748f490b66-json.log.2

公式ドキュメントを見ると他にも設定項目がいろいろあって、デーモン自体の設定なので、どんな権限で動かすか、とか、そういう…。あまり変更するような出番はないかも。 daemon — Docker-docs-ja 17.06.Beta ドキュメント

log-driver として json-file 以外にも fluentd や AWS CloudWatch なども指定できるので、もしかしたら何か活用できる…?具体的にどういう活用方法があるんだろう Fluentd logging driver | Docker Documentation


docker 入れてる環境、事故防止のためにもログローテート系の設定はとりあえず入れると良いとおもった一件